文化放送ナースナビ看護師 TOP > お役立ち > ベッドサイドモニタの実際

見てすぐに使える! 臨床看護技術 ベッドサイドモニタの実際   心電図とパルスオキシメーター

3 ベッドサイドモニタの準備

(1)記録紙をセットする

心電図モニタにおいて不整脈が出た場合、どのような不整脈なのか、どれくらいの時間が続いたのかを記録する必要がある。記録紙の中央に心電図波形が位置するようにセットする。記録速度は通常25mm/秒とする。

(2)ベッドサイドモニタを設置する

病室内にベッドサイドモニタを設置する場合、訪室時にすぐに観察できる場所に置く。治療やケアの妨げにならない場所にする。

(3)電源に接続する

ノイズや感電事故の防止のため、必ず3P電源コンセント(できれば無停電電源装置のコンセント)に接続する。無停電電源装置とは入力電源が遮断されても、一定時間、電極が供給される。停電時に対応することができる。

記録紙をセットする

電源に接続する

4 心電図の電極の装着

(1)装着部位を拭く

鎖骨下から上腹部にかけて、電極の貼る部位をアルコール綿で拭く。皮脂や汗をかいた状態で電極を貼ると、はがれやすくなってしまう。

(2)電極を貼る

電極は皮膚に密着するように貼る。

(3)電極素子をクリップで挟む

赤、黄、緑のクリップの位置を間違えないように注意しながら、電極素子をクリップで挟む。モニタ心電図では、右手(赤)、左手(黄)、右足(緑)から誘導する。そのため、赤の電極を右鎖骨下に、緑の電極を左側の肋骨の下の部分に、心臓を挟むように貼る。赤と緑の電極位置は、心臓から等間隔にするとP波が見やすくなる。黄の電極はアースの役割を果たし、左の鎖骨下に貼る。

(4)電源を入れて、波形をチェック

ベッドサイドモニタの心電図波形をチェックし、異常波形がないかどうかを確認する。病室を始め、院内のさまざまな場所で電気が使われており、ベッドサイドモニタのアースをとっていないと、測定した心電図波形などに電灯線の交流が雑音(ハム)として乗ることがある。

(5)患者の衣類を整える

電極を貼る

電極素子をクリップで挟む

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

  • 人材紹介LP
  • 転職紹介サービス 文化放送ナースナビ