看護師の転職なら「文化放送ナースナビ 人材バンク」(登録・利用無料)

看護師の転職なら「文化放送ナースナビ 人材バンク」(登録・利用無料)

#todo

厚生労働大臣許可番号 紹介13 - ユ - 309190

東京03-5776-3214

大阪06-6809-1307

東京03-5776-3214

大阪06-6809-1307

【受付】平日10:00〜18:00(土日祝日休を除く)

厚生労働大臣許可番号 紹介13 - ユ - 309190

社会福祉法人同愛記念病院財団
同愛記念病院[東京都]

(更新日:2019.7.25)

  • 病院
  • 看護師
  • 正職員(常勤)
同愛記念病院:看護師就職は文化放送ナースナビ

関東大震災の地域救済医療事業を目的として隅田川のほとりに設立
 戦後、一時一般診療は中断されましたが昭和31年4月16日に診療が再開され、昭和51年12月、地下1階地上9階の病棟が完成し、近代的病院として面目を一新いたしました。昭和62年5月、外来部門、検査科、放射線科、中央手術室、薬剤科、事務の一部の各部門を収容する地下1階地上5階の診療棟が完成、さらに平成14年9月、療養病床30床が入る地上7階の管理棟が完成し、現在墨東地区の基幹病院として、その役割を果たしています。

  • 病院情報

    • ★病院概要

      郵便番号 〒130-8587
      住所 東京都 墨田区横網2-1-11
      地図
      大きな地図で見る
      アクセス
      JR総武線両国駅から徒歩7分、都営地下鉄浅草線蔵前駅から10分、都営地下鉄大江戸線両国駅から徒歩5分
      電話番号 03-3625-6381
      開設年月日 1956年 4月 16日
      病院長名 前田 守
      看護部長名 佐藤 美幸
      病床数 403床
      職員数(看護職員数) 530名 (330名)
      平均年齢(看護職員) 40歳
      看護方式 受け持ち制のチームナーシング
      診療科目 内科、アレルギー呼吸科、精神科、小児科、外科、整形外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、リハビリテーション科、麻酔科
      付属施設 特別養護老人ホーム100床が敷地内にあります。
      外来人数 1000名/日平均
      入院人数 250名/日平均
      看護配置 一般病棟7対1入院基本料
      理念・方針 地域の使命をうけて地域住民、および福祉サービスを必要とする方に、公平な医療を提供することを基本とし、常に優しく思いやりのある患者様中心の看護サービスを行う。
      病院HP http://www.doai.jp/
  • 募集情報

    • 募集職種(採用予定人数) 看護師
      雇用形態 正職員(常勤)
      お問合せ・採用窓口 看護部長室
      TEL.03-3625-6381(代)内線203・204
  • 待遇と勤務

    • 勤務地 東京都
      給与
      職種 看護師(大卒)
      給与・月給・年収など 352686
      モデルケース
      大卒支給金額(一律手当含む)
      経験3年の場合
      ※基本給/本俸、地域手当
      ※主要手当/急患室手当、夜勤手当(9回分)の合計(*夜勤手当・超過勤務手当は都度払いとなります)
      勤務体系・勤務時間(実働時間)
      勤務体系 勤務時間
      夜勤 17:00 〜 9:00

      夜勤(2名)
      昇給/賞与 昇給年1回、賞与年2回
      退職金制度 有(勤続3年以上)
      社会保険 社会保険、厚生年金、労災、雇用、財形
      休日休暇 日曜・祝祭日・季節休暇3日・年末年始休暇6日・年次有給休暇(6か月勤務後10日間発生・翌年繰越有)・慶弔休暇・4週8休体制(月10日)・育児休暇
      看護師寮 敷地内にワンルームタイプ、両国駅近くにマンションタイプの寮があり。
      被服 貸与
      保育施設 有(夜勤は土曜日のみ)
      教育 新入職者・レベル I
      看護チームの一員であることを自覚できる。
      1.新人オリエンテーション・技術演習
      2.救急蘇生
      3.心電図
      4.人工呼吸器
      5.シリンジポンプ・輸液ポンプ
      6.事例検討(ナイチンゲールの看護論に基づいて)
      7.3ヶ月ごとの技術チェック及び1年目の技術発表
      8.メンバーシップ研修
      レベル II
      リーダーシップが発揮できる。
      1.リーダーシップ研修
      2.プリセプター研修
      レベル III
      自ら問題に取り組むことができる。
      1.ディベート研修
      2.臨床指導者研修
      専門領域
      看護水準向上のために貢献できる。
      1.認定看護師研修
      2.嚥下障害のある患者の看護
      3.ストマーケア
      4.院外研修(東京都看護協会・日本看護協会ほか)
      5.学会参加
      看護管理領域
      看護が尊重される職場風土をつくる。
      1.師長研修
      2.主任会
      3.院外研修
      専門・認定看護師の就業状況
      認定看護師:がん化学療法看護、感染管理、緩和ケア、認知症看護、皮膚・排泄ケア