稲城市立病院

稲城市立病院は、約8万7千人の稲城市民を中心に南多摩地区の住民の一人ひとりに、安心できる信頼とぬくもりの医療を提供するよう努めています。
 平成24年5月には、多様化、高度化する医療ニーズに応えるために、健診・外来棟を増築しました。地域でのがん治療の充実をめざして、化学療法室と一般点滴室を新設、放射線治療を開始しています。
 また、病気にさせない病院を実現するために、予防医学に力を入れ、レディスフロアーを設置するなど健診部門の快適さを図りました。今後は健診・外来棟に隣接したオーエンス健康プラザと連携を保ち、生活習慣病の対策、そして妊婦の体力増進に取り組んでいます。
 多摩地域の中核病院として、稲城市医師会および地域の医療機関と連携しながら、患者の皆様に信頼していただけるよう、また安定した病院運営に全力を尽くして取り組みます。

水色の『エントリー(資料請求)』ボタンより、まずはお気軽にお問合せください

エントリー(資料請求) ブックマーク

  • 病院情報
  • 募集情報

病院概要

郵便番号 〒206-0801
住所 東京都稲城市大丸1171 地図
電話番号 042-377-0931
開設年月日 1946年 9月 9日
病院長名 松ア 章二
看護部長名 堤ア 洋子
病床数 290床
職員数(看護職員数) 550名 (181名)
平均年齢 40歳
看護方式 固定チームナーシング
診療科目 内科
外科
消化器外科
整形外科
産婦人科
皮膚科
泌尿器科
小児科
眼科
耳鼻咽喉科
リハビリテーション科
精神科
脳神経外科
呼吸器内科
消化器内科
循環器内科
放射線科
神経内科
腎臓内科
麻酔科
付属施設 稲城市立病院附属坂浜診療所
看護配置 7対1、10対1の混合病棟
理念・方針 看護部は、病院の理念である「信頼とぬくもりのある医療提供」を基に、患者さん一人ひとりのニーズに対応すべく、患者さんに寄り添った最良の看護実践に努めると同時に、患者さん中心のチーム医療を推進しております。そんな当院の教育体制は、必要な知識・技術・態度の習得はもちろんのこと、倫理観の醸成等看護の専門職業人としての成長を大切にしております。
 地域の方々が、「稲城市立病院に来て良かった」と満足して頂ける看護の提供、そして看護職員一人ひとりが、仕事に誇りを持ち、看護に喜びと自己成長を感じながら働き続けられる職場環境を作ること、それが私の目標です。        
看護部長 堤ア 洋子
ページの先頭へ

水色の『エントリー(資料請求)』ボタンより、まずはお気軽にお問合せください

エントリー(資料請求)

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

直接資料請求する
コンサルタントに相談する

勤務地

職種

  • 看護師
  • 保健師
  • 助産師
  • 准看護師
  • その他

常勤orパート

  • 正職員(常勤)
  • パート(非常勤)

就業状況

  • 専門看護師
  • 認定看護師

業種・施設

  • 病院
  • クリニック・診療所
  • 訪問看護・訪問サービス
  • 特別養護老人ホーム
  • 通所ディサービス
  • 健診関連
  • 製薬関連
  • 学校関連
  • 一般企業
  • その他

勤務形態

病床数

検索

テーマ・特長

資料請求

文化放送ナースナビの
モバイルサイト(スマホ・携帯)

文化放送ナースナビモバイル QRコード
PCと同じID・PWで資料請求やセミナー申込ができます。携帯にURLを送る