国民健康保険南丹病院組合
京都中部総合医療センター

当院は、京都府南丹医療圏(南丹市、亀岡市、京丹波町)に位置する公立総合病院で、地域住民の生命と健康を守る最終拠点病院です。細分化され専門化された31の診療科で、急性期疾患への診療と地域がん診療病院として高度な専門的医療を行っています。京都府の中でも常に上位の救急患者数を診療する小児救急や、365日24時間体制で応需する心筋梗塞などのカテーテル治療、高度な技術の脊椎疾患治療、腹腔鏡を用いた低侵襲の外科治療、ハイリスク分娩に対応できる産婦人科・小児科チームによる周産期医療、実践的指導で定評のある麻酔科など、最先端の知識と技術を用いて日々の診療を行っています。

水色の『エントリー(資料請求)』ボタンより、まずはお気軽にお問合せください

エントリー(資料請求) ブックマーク

  • 病院情報
  • 募集情報

お知らせ

平成29年5月1日付けで、病院名を公立南丹病院から「京都中部総合医療センター」に変更しました。

ページの先頭へ

病院概要

郵便番号 〒629-0197
住所 京都府南丹市八木町八木上25番 地図
電話番号 0771-42-2510
施設認定・第三者認定 日本医療機能評価機構(Ver.1.0)認定
開設年月日 1936年 4月 1日
院長 辰巳哲也
看護部長 中川春美
病床数 464床
職員数(看護職員数) 687名 (332名)
看護方式 固定チーム継続受持制
診療科目 内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、肝臓内科、血液内科、内分泌・代謝内科、腎臓内科、小児科、外科、消化器外科、整形外科、乳腺外科、脳神経外科、脳神経内科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、リウマチ科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、放射線科、精神科、歯科、歯科口腔外科、麻酔科、リハビリテーション科、病理診断科
看護配置 急性期病棟 7対1
回復期リハビリテーション病棟 13対1
地域包括ケア病棟 13対1
理念・方針 【理念】
 豊かな人間性を持ち、人との関わりを育てながら任務が遂行できる看護師を目標とし、専門化として謙虚に自己研鑽を積む姿勢を持つ。
 また、中部医療圏の中核病院としての役割理解した上で、他職種と強調しながら、地域に貢献できる看護を目指す。

【方針】
1.心あたたまる看護を提供する
2.個々の患者に合った看護を目指す
3.同僚間の協力が生み出す看護を目指す
ページの先頭へ

水色の『エントリー(資料請求)』ボタンより、まずはお気軽にお問合せください

エントリー(資料請求)

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

直接資料請求する
コンサルタントに相談する

勤務地

職種

  • 看護師
  • 保健師
  • 助産師
  • 准看護師
  • その他

常勤orパート

  • 正職員(常勤)
  • パート(非常勤)

就業状況

  • 専門看護師
  • 認定看護師

業種・施設

  • 病院
  • クリニック・診療所
  • 訪問看護・訪問サービス
  • 特別養護老人ホーム
  • 通所ディサービス
  • 健診関連
  • 製薬関連
  • 学校関連
  • 一般企業
  • その他

勤務形態

病床数

検索

テーマ・特長

資料請求

文化放送ナースナビの
モバイルサイト(スマホ・携帯)

文化放送ナースナビモバイル QRコード
PCと同じID・PWで資料請求やセミナー申込ができます。携帯にURLを送る